FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Teachers Interview (三者面談)」

2013.07.10.Wed.19:50
今日は、息子の通う小学校の三者面談でした。
ちなみに子供は、小学5年生(日本の小学校では4年生)。
こちらの学校は、日本と違い 4学期制なので今週末で2学期が終わります。
そして、2週間の冬休み

ちょうど半分が終わったところで、5年生になってからの学習の成果を
この三者面談で発表というわけです。

こちらの三者面談は、日本と違い 子供本人が自分の学習について進行状況を紹介します。
ちなみに、「Writing」「Reading」「Maths」「Other」の4項目に分けられていました。
それぞれの項目に対して 現在勉強している内容、
これからがんばっていこうと思う事など、プリントにまとめて子供が説明します。
その後、担任の先生から通知表について説明があります。

生徒自身に自分の現在の姿を認識させ、目標を明確に持たせるという
このスタイルはとてもすばらしいと思います。
そして、一生懸命に自分の考えをまとめ それをレポートに仕上げ、
目の前で説明しているわが子を見ると、子供の成長をひしひしと感じます。
兎にも角にも 自分の親バカ具合を再認識してしまった三者面談でした。

通知表も日本とは違った評価の仕方ですが、それはまた次の機会に。






スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。