スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lock down 備えあれば憂え無し

2015.10.29.Thu.19:10
先日、息子が学校から帰ってくるなり 

「今日、学校で ロックダウン があったんだよ」 と話し出しました。

えっ、ロックダウンってなに? 
10年以上ニュージーランドに住んでいるのに英語の苦手な私は、そこから???

なんでも学校内 及び 近辺に不審者(特に銃や刃物を持った人)が現れたら、
ロックダウンの合図のベルが鳴ります。 
そのベルが鳴ったら、生徒は教室に入り 鍵をしめ カーテンを閉め 身の安全を確保するというものだそうです。

ってことは、不審者が現れたの?と聞くと そうではなく ベルの誤作動だったということ。

しかし、誤作動だったにもかかわらず、息子のクラスは 律儀に ロックダウンを行ったそうです。
普段から 色々なことにとにかくまじめに取り組むクラスだなと感じてはいましたが、
さすが! 

他のクラスの児童たちは、 どうせ間違いだよね~ と笑っていたとか。
確かに、大半は誤作動や抜き打ちの訓練だったりのことが多いです。

しかし、この世の中何が起こるか分かりません。
自分の身は自分で守る これは、徹底して覚えておいてほしいとその日の会話は終わりました。

びっくりしたのは その二日後!

なんと 息子の学校から 2ブロッほどク離れた学校で実際にロックダウンがあったんです。
その学校の近くにあったガソリンスタンドに銃を持った強盗が現れ、
学校側は、生徒の安全を第一に考え ロックダウンを行いました。

その夜、新聞記事を見ながら 

他人に笑われようと しっかりロックダウンできた 息子のクラスは素晴らしい!と褒めたたえ、
その後、さらに危機管理能力の必要性について色々と話し合いました。





スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。