スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこかで見たことのあるような。。。

2013.12.15.Sun.21:23
artemis オーガニック レバー デトックスティーに使われている

セントマリーズシスル(St. Mary's Thistle / Silybum marianum)、ミルクシスルとも言われています。
こんな風に言われてもぴんときませんが、アザミの仲間です。

うちの庭にもちょくちょく生えてくる このアザミ。
根っこまでしっかり抜かずに残しておくと、またそこから生えてきます!
以前から なかなかしぶとい雑草だと思っていました。

が、種類が違えば とっても身体によいハーブだったんですね。

milkthistle.jpg

セントマリーズシスルは、古代ギリシャの時代から 肝臓を守るハーブ として知られています。

ストレスの多い人やお酒の好きな人など 肝臓に負担をかけている人には
救世主的なハーブですね。
また、セントマリーズシスルの成分の一つであるシリマリンには、毒素の分解を促し、
肝細胞の修復メカニズムを活性化する働きが報告されています。

肝臓は、血液が集まり、人間の生命活動にとって たいへん重要な臓器です。
その働きは、有害物質の解毒、栄養素の代謝や合成、血液の再生や浄化、胆汁の分泌など
数百種類もあります。

この有害物質の解毒というのは、
胃で吸収されたアルコールや食品添加物などの有毒物質を無毒に変えて
排泄する働きのことです。

普段、私たちが様々な形で口にしている有毒物質、できることなら速やかに体外に
出て行ってもらいたいものです。

私にとって 朝一番の レバーデトックスティー は
欠かすことのできない日課です。


liverdetoxsmall.jpg
artemis オーガニック レバー デトックスティー
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。